山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > 駅近の定義とは?駅近に住むメリット・デメリットをご紹介

駅近の定義とは?駅近に住むメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|TVモニター付きインターホンがある賃貸物件のメリットと注意点は?    記事一覧   ペット可賃貸物件の原状回復に関する問題や費用について解説!|次へ ≫

駅近の賃貸物件に住む!駅近の定義とは?移動の利便性や騒音問題などをご紹介

賃貸物件に住む際の条件の1つに、「駅近である」ことを入れている方は多いと思います。
駅近といっても、実際どの程度の距離なら駅近物件になるのでしょうか。
駅近の定義や駅近の賃貸物件に住むメリット、駅近ならではの問題はどのようなものがあるのかをご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

駅近の定義とは?「徒歩〇〇分」の決め方は?

賃貸物件を探していると、駅近であることをアピールするような形で、駅まで徒歩何分と表示されていることが多いです。
この徒歩何分とは、どのように計算されているのか疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。
これは「不動産の表示に関する公正競争規約」によってルールが決められています。

●「1分=道路距離80m」で計算
●秒数は切り上げて表示する
●道路距離は「歩く道の長さ」
●速度の基準は「女性がハイヒールを履いて歩いたときの速さ」


全国のどの物件に対してもこのルールは適用されますが、実際にはもっと複数の要素が絡まって移動時間は計算されるため注意が必要です。

駅近の賃貸物件に住むメリットとは

駅近の物件に住むメリットについてご紹介します。

通勤・通学に便利

公共交通機関がメインの移動手段であれば、駅近の物件に住むことで移動距離を大幅に減らすことができ通勤・通学などにかける時間を短縮できます。
通勤や通学はほぼ毎日おこなうことであり、この時間を短縮できることで自由に使える時間を増やせるということは非常に大きなメリットです。

駅前の買い物スポットを利用しやすい

スーパーや商店街などは、駅周辺にあることが多いです。
駅近の物件であれば、通勤・通学の帰りに気軽に立ち寄ることができます。

人通りが多く安心

駅周辺は、人通りも多く街灯も整備されていることが多いです。
通勤・通学の帰り道であっても、安心して歩くことが可能です。

駅近の賃貸物件に住むデメリットとは

駅近の物件に住むデメリットについてご紹介します。

騒音の問題

駅近であるということは、線路や踏切の音が聞こえたり、人通りや駅周辺のお店の音が聞こえたりする可能性があります。
夜遅くまでお店の音や賑わっている人の声などの騒音に関する問題はつきまといます。

日当たりや眺望の問題

駅近の物件は建物が密集していることが多く、日当たりや眺望が悪いことが多いです。

家賃の問題

駅近の物件は利便性も高いため、家賃の相場が比較的高くなりがちです。
同じ間取りであっても駅遠の物件と比較するとどうしても割高になってしまいます。

まとめ

駅近賃貸物件は移動の利便性も良く、買い物などにも便利です。
しかし、家賃の高さや騒音問題などのデメリットもあります。
メリットやデメリットをしっかりと把握し、自身のニーズに合った賃貸物件選びをしましょう。
私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店では、山形市の賃貸物件を多数ご紹介しております。
お引越しを検討されておりましたら、当社までお気軽にご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|TVモニター付きインターホンがある賃貸物件のメリットと注意点は?    記事一覧   ペット可賃貸物件の原状回復に関する問題や費用について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


MKルミネ

MKルミネの画像

賃料
5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市鈴川町2丁目5-12
交通
山形駅
徒歩51分

MKルミネ

MKルミネの画像

賃料
4.6万円
種別
アパート
住所
山形県山形市鈴川町2丁目5-12
交通
山形駅
徒歩51分

L.D.HOUSE

L.D.HOUSEの画像

賃料
5.5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市小立2丁目3-15
交通
山形駅
徒歩41分

ボルツⅣ

ボルツⅣの画像

賃料
6.5万円
種別
マンション
住所
山形県山形市桧町3丁目4-4
交通
北山形駅
徒歩18分

トップへ戻る