山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > 希少性が高い賃貸物件「メゾネット」の間取りとは

希少性が高い賃貸物件「メゾネット」の間取りとは

≪ 前へ|賃貸物件における共用部分とは?ベランダやバルコニーの使い方について解説!   記事一覧   賃貸物件に住んでいて温水洗浄便座を付けたい場合はどうすれば良いのか|次へ ≫

希少性が高い賃貸物件、メゾネットの間取りとは

近年、賃貸物件の間取りでメゾネットと呼ばれるタイプの物件を見るようになりました。
今回は、メゾネットの概要や、メゾネットのメリットとデメリットについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の間取りのメゾネットとは?

メゾネットとは、フランス語で「小さな家」という意味で、集合住宅の間取りの1つです。
部屋の中に階段を設置して、上下階をつないでいるタイプの間取りを指します。
似たタイプで、「ロフト付き」と呼ばれている物件がありますが、部屋の基準(天井の高さが210㎝以上、窓の面積が部屋の七分の一以上)を満たしていないため、メゾネットとは言えません。
1階部分と2階部分の両方が部屋としての基準を満たし、その両者を階段で結んでいるものがメゾネットと呼ばれます。
おしゃれで開放的なイメージがあるメゾネットタイプの物件は希少性が高く、珍しい物件に住みたいと思う方におすすめの物件です。

間取りがメゾネットタイプの賃貸物件に住むメリットとデメリット

一戸建住宅に住んでいる気分と開放的な空間を作りやすことが、メゾネットのメリットです。
メゾネットタイプの間取りは、2階にバルコニーがあるタイプが多く、そのため風通しや光を入れやすく、自然な明るさを取り入れやすくなっています。
一般的に、賃貸物件と言えば1フロアで一戸建てが2階以上の造りというのが基本ですが、集合住宅の耐震耐火性と一戸建ての気分を味わうことができます。
また、お子さまがいる家庭では、2階部分にスペースを設けることで、騒音の漏れを防ぐことができます。

デメリットは、中に階段を設置するために、居住スペースが狭くなってしまいます。
一見、開放的な造りに見えるメゾネットですが、有効活用範囲は一般の間取りと比べると少ないです。
また、バリアフリー性が低くなり、階段での事故のリスクや掃除の手間が増えてしまいます。
吹き抜けやそれぞれのフロアーが一体化している場合では、冷暖房の効率が悪くなる可能性もあるでしょう。

まとめ

今回は、メゾネットについての概要と、そのメリットとデメリットを解説しました。
メゾネットとは、中に階段があり、1階と2階で分けられている間取りのことで、希少価値の高い賃貸物件の間取りのことです。
開放的な気分を味わえますが、階段があるために有効活用範囲が減ってしまうというのが、メリットとデメリットになります。
メゾネットタイプの間取りの物件が気になっている方は、ぜひ一度内覧し、メリットとデメリットのバランスを確認することをおすすめします。
私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店では山形市の賃貸物件を豊富に取り扱っております。
山形市の賃貸物件をお探しの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件における共用部分とは?ベランダやバルコニーの使い方について解説!   記事一覧   賃貸物件に住んでいて温水洗浄便座を付けたい場合はどうすれば良いのか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


L.D.HOUSE

L.D.HOUSEの画像

賃料
5.5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市小立2丁目3-15
交通
山形駅
徒歩41分

カーサヒューマンA

カーサヒューマンAの画像

賃料
4.3万円
種別
アパート
住所
山形県山形市馬見ケ崎2丁目11-8
交通
羽前千歳駅
徒歩22分

ボルツⅣ

ボルツⅣの画像

賃料
6.5万円
種別
マンション
住所
山形県山形市桧町3丁目4-4
交通
北山形駅
徒歩18分

伊藤マンション

伊藤マンションの画像

賃料
3.1万円
種別
マンション
住所
山形県山形市南原町3丁目9-40
交通
山形駅
徒歩38分

トップへ戻る