山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > 山形市に移住して農業を始めよう!多くの農業人をバックアップしたサポート制度とは

山形市に移住して農業を始めよう!多くの農業人をバックアップしたサポート制度とは

≪ 前へ|賃貸物件で使いやすいおすすめの暖房器具とは   記事一覧   賃貸物件における日当たりの重要性とは?日当たりが悪い場合の改善策も紹介|次へ ≫

山形市に移住して農業を始めよう!多くの農業人をバックアップしたサポート制度とは

最近、生き方の多様化や自然派ブームもあり、"就農"する若い人が増えています。
就農とは文字通り農業を職とすること。
中でも山形市では、平成28年から令和元年の調査において、毎年300人以上の新規就農者がスタートを切っています。
なぜ山形市での就農なのか、独自の取り組みやサポート制度についてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

農業始めるなら山形!そのおすすめの理由とは?

山形県は、米をはじめ果実、野菜など豊かな農産物の産地です。
そして、山形産の農産物は全国的にも評価が高いことから、農業を志す人にとって憧れの地でもあります。
そんな山形には「農業人」を支える環境が整っており、「山形県立農林大学校」や「やまがたアグリネット」、中でも新農業人育成に特に力を入れているのが「やまがた農業支援センター」です。
「やまがた農業支援センター」は、他業種から転職して農業をしたい人をサポートし、すでに多くの新農業人が誕生して山形市で活躍しています。

「やまがた農業支援センター」を中心としたサポート制度をご紹介

山形市の就農サポート制度


●農業次世代人材投資事業   
(対象)50歳未満で新規就農になることを目指す方
①準備型:就農前の研修を受けるための資金として年間150万円を最長2年間交付
②経営開始型:就農直後の経営確立を支援する資金として年間最大150万円を最長5年間交付

●独立就農者育成研修事業(県支援型)
(対象)50歳以上の経営基盤を持たない新規就農希望者
独立就農に必要な農業技術と経営に関する研修を実施

●新規就農定着サポート事業
(対象)50歳以上の経営基盤を持たない新規就農者(認定新規就農者が条件)
以下の営農経費等を助成
①営農に関する費用の一部(年間最大36万円)を最長5年間助成
②定着支援アドバイザーに関する費用の一部(1年目10万円、2年目5万円)を2年間助成

これから検討したい人におすすめのサポート

未経験からの就農が不安な人には、体験型サポートもあります。

●やまがた農業短期体験プログラム
農業に興味のある方、山形県内で新たに農業を始めたい方、職業としての農業に関心をお持ちの方などが対象の制度です。
「希望の作目」「体験の時期や期間」「場所」などをあらかじめ伝え、それをもとに作成したプランによって、農業および農家の生活を実体験する研修で、体験日数は年間累計15日が上限です。
農業をライフワークとしてとらえるための第一歩ですから、まず体験してみるのがいいですね。

おすすめ物件情報|山形市の物件一覧

まとめ

「山形で就農」するためのサポート制度をご紹介しました。
これらの制度を利用して、山形市には多くの若い農業人が誕生し、果物や野菜、米などをイキイキと生産する姿には活気があります。
農業経営者にとっても、地域おこしの面でも成功している取り組みではないでしょうか。
私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店では、山形市の賃貸物件を多数ご紹介しております。
お引越しを検討されておりましたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で使いやすいおすすめの暖房器具とは   記事一覧   賃貸物件における日当たりの重要性とは?日当たりが悪い場合の改善策も紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


L.D.HOUSE

L.D.HOUSEの画像

賃料
5.5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市小立2丁目3-15
交通
山形駅
徒歩41分

ピーコック28

ピーコック28の画像

賃料
6万円
種別
マンション
住所
山形県山形市飯田西4丁目10-28
交通
山形駅
徒歩58分

カーサヒューマン

カーサヒューマンの画像

賃料
4.3万円
種別
アパート
住所
山形県山形市馬見ケ崎2丁目11-8
交通
羽前千歳駅
徒歩22分

カーサヒューマンA

カーサヒューマンAの画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
山形県山形市馬見ケ崎2丁目11-8
交通
羽前千歳駅
徒歩22分

トップへ戻る