山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > 保証人と保証会社の違いって?それぞれのメリット・デメリットを解説

保証人と保証会社の違いって?それぞれのメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|賃貸の内見と内覧の違いとは?内見の具体的な方法やチェックポイントをご紹介   記事一覧   一人暮らしにおすすめの便利家電厳選5つ&購入費用の相場をご紹介!|次へ ≫

保証人と保証会社の違いって?それぞれのメリット・デメリットを解説

賃貸を借りる場合には、「連帯保証人」または「保証会社」の保証が必須です。
しかし家を借りるのが初めてという方のなかには、保証人や保証会社についてよくわからない方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、賃貸借契約の保証人と保証会社のそれぞれの違いやメリット・デメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

連帯保証人と保証会社のそれぞれの違いやメリットとは

連帯保証人または保証会社とは、何らかの理由で借主が家賃の支払いが困難になってしまった際に、その費用を保証する人、または会社のことです。
保証会社は基本的に「家賃の支払い」のみを保証するのに対して、連帯保証人は「故意に設備を破損させたときの修繕」、「騒音トラブル」、「退去時の原状回復義務」など、借主が負うすべての債務を保証する点に大きな違いがあります。
また、保証会社を利用する場合では保証料が発生するなど、費用面でも違いがあることを覚えておきましょう。

連帯保証人のメリット

突如収入を失ってしまった場合でも、連帯保証人がいることで貸主から支払いに対する信用が得られるので、物件を借りやすくなるというメリットがあります。

保証会社のメリット

連帯保証人になってくれる人が見つからない方の場合は、保証会社であれば利用できます。
借主としては、保証人を探さずに済む点がメリットです。

連帯保証人と保証会社のそれぞれの違いやデメリットとは

連帯保証人のデメリット

連帯保証人の場合、収入が滞るなどの予期せぬ事態により、連帯保証人になってくれた人に迷惑をかける可能性がある点がデメリットです。
連帯保証人との関係が悪化することになりかねないので、連帯保証人を頼む場合には契約内容をしっかりと説明し、日ごろから相手と良好な関係を築くようにしましょう。
また2020年の民法改正により、連帯保証人を付ける際は保証限度額を定めることが義務付けられています。
家賃を滞納しても、連帯保証人には取り決めを交わした極度額までしか保証してもらえないことを覚えておきましょう。

保証会社のデメリット

保証会社を利用する際のデメリットに、保証料があります。
保証料は初回時に一括で支払うのが一般的ですが、月額で支払う割合も増えてきています。
どちらにしても、借主の経済的な負担が増えてしまう点がデメリットです。

要チェック|【山形市エリア!】新築・築浅の賃貸物件特集

まとめ

連帯保証人と保証会社では、保証する範囲や保証料といった費用面でいくつか違いがあります。
メリット・デメリットを比較して、自分に合うタイプを選びましょう。
連帯保証人がいない場合には、保証会社を利用できる物件を探してみてくださいね。
私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店では山形市の賃貸物件を豊富に取り扱っております。
山形市の賃貸物件をお探しの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の内見と内覧の違いとは?内見の具体的な方法やチェックポイントをご紹介   記事一覧   一人暮らしにおすすめの便利家電厳選5つ&購入費用の相場をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


サン・ワイルド

サン・ワイルドの画像

賃料
4.4万円
種別
アパート
住所
山形県山形市飯田2丁目10-35-10
交通
山形駅
バス12分 飯田 停歩7分

シャトル茜ヶ丘

シャトル茜ヶ丘の画像

賃料
3.6万円
種別
アパート
住所
山形県山形市あかねケ丘2丁目8-3
交通
山形駅
徒歩26分

クレールⅠ

クレールⅠの画像

賃料
3万円
種別
アパート
住所
山形県山形市富の中3丁目4-24
交通
山形駅
徒歩38分

セジュールまえた

セジュールまえたの画像

賃料
4万円
種別
アパート
住所
山形県山形市前田町
交通
山形駅
徒歩34分

トップへ戻る