山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > 各住戸の玄関が独立している賃貸物件のメリットデメリットは?

各住戸の玄関が独立している賃貸物件のメリットデメリットは?

≪ 前へ|山形市の観光やお出かけに便利!市内循環バス「ベニちゃんバス」東くるりんとは?   記事一覧   山形市のビジネスサポートを手がける会社とは?起業にもおすすめ!|次へ ≫

賃貸物件を探していると、まるで一戸建てのような、各住戸で独立した玄関がある物件を目にする機会もあると思います。

 

デザイン性に優れていて開放感があるのが特徴ですが、もちろんデメリットも存在するので、あらかじめ頭に入れておくと後悔のない物件選びができるでしょう。

 

ここでは、そんな各住戸で独立した玄関がある集合住宅「独立玄関」の賃貸物件とは何か、どんなメリットデメリットがあるのかをご紹介します。

 

「独立玄関」の賃貸物件とは?


玄関


まず、独立玄関とは何かを簡単にご紹介します。

 

独立玄関の賃貸物件とは、はっきりとした定義はありませんが、一般的なマンションやアパートのように共用のエントランスがある造りではなく、各住戸に独立した玄関が設けられている23階建ての物件のことを指します。

 

共用のエントランスではなく、各住戸に設けられた玄関から直接室内に入れるのが大きな特徴です。

 

独立玄関の賃貸物件のメリットデメリット


次に、独立玄関の賃貸物件のメリットデメリットをご紹介します。

 

一番のメリットは、一戸建てのようなおしゃれな外観であること。

 

さまざまな理由で一戸建ての購入を見送っている人も、気軽に賃貸で一戸建ての気分を味わうことができます。

 

デザイン性の高い物件も多いので、おしゃれな住宅に住みたい人におすすめです。

 

上下階に住んでいる人がいないので、小さい子どもがいるファミリーにも人気です。

 

逆にデメリットは、木造の場合が多いので音が気になりやすいこと。

 

一戸建てのような静かな環境を求めていたのに、実は鉄筋のコンクリート造りのマンションよりも音が響きやすく、予想以上にお隣さんや周辺からの音が気になるといったこともあります。

 

音のトラブルを避けるためには、足音や電話などの響き具合、外を歩いている人の話し声がどれくらい入ってくるのかなどを、内見のときにしっかりとチェックしておくのが良いでしょう。

 

また、一戸建てよりも十分なスペースが確保されていないため、階段の傾斜もきつくなりがちです。

 

家賃がやや高めなのもデメリットの1つに挙げられるでしょう。

 

まとめ


一戸建てのような開放感を味わえるのが、それぞれの住戸ごとに独立した玄関が設けられている賃貸物件の魅力です。

 

独立玄関の物件はおしゃれな外観であることが多いですが、お隣さんや外からの音が響きやすいといったデメリットも存在するので、見た目だけで判断すると後悔につながる可能性もあります。

 

メリットデメリットをふまえて、自分の暮らしにフィットする物件を見つけてくださいね。


山形市で賃貸物件をお探しの方がいましたら、私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店までお気軽にお問い合わせください


≪ 前へ|山形市の観光やお出かけに便利!市内循環バス「ベニちゃんバス」東くるりんとは?   記事一覧   山形市のビジネスサポートを手がける会社とは?起業にもおすすめ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ライフステージカザマ

ライフステージカザマの画像

賃料
5.5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市大字風間1206-2
交通
楯山駅
徒歩1分

伊藤マンション

伊藤マンションの画像

賃料
3.1万円
種別
マンション
住所
山形県山形市南原町3丁目9-40
交通
山形駅
徒歩38分

カーサヒューマンA

カーサヒューマンAの画像

賃料
4.2万円
種別
アパート
住所
山形県山形市馬見ケ崎2丁目11-8
交通
羽前千歳駅
徒歩22分

朝日プラザエザース山形中央Ⅱ

朝日プラザエザース山形中央Ⅱの画像

賃料
3.35万円
種別
マンション
住所
山形県山形市十日町4丁目7-42
交通
山形駅
徒歩13分

トップへ戻る