山形市賃貸情報TOP > エイブルネットワーク山形ときめき通り店のブログ記事一覧 > ファミリー向けの賃貸物件でおすすめの間取りは何がベスト?

ファミリー向けの賃貸物件でおすすめの間取りは何がベスト?

≪ 前へ|子どもが大喜び!山形市の「べにっこひろば」の魅力とは?   記事一覧   北山形駅周辺の住みやすさは?一人暮らしにおすすめ?|次へ ≫

ファミリー向けの賃貸物件を探しているものの、どういった間取りにしたらいいか悩んでしまうケースは少なくありません。

 

部屋が足りないと家族同士で遠慮しないといけなくなってしまいますし、逆に広すぎても掃除などが大変になるといったデメリットもあります。

 

ファミリー向けの賃貸物件を選ぶときの間取りは何がベストなのか、家族構成もふまえて考えたいと思います。


間取り図


ファミリー向け賃貸の間取りは何がおすすめ?家族構成から考えること


ファミリー向けの賃貸物件でもっともポピュラーな間取りが、2LDKです。

 

夫婦+子ども12人といった家族構成のかたは、キッチンに加えて、家族でくつろげる広々としたリビング、夫婦の寝室、ゲストルーム(もしくは仕事部屋や趣味の部屋など)、といった使い方ができるでしょう。

 

子どもが大きくなってきたら、ゲストルームを子ども部屋にすることもでき、何かと融通がききやすい間取りです。

 

子どもが増えても、ゲストルームやリビングをうまくゾーン分けできれば、家族それぞれのプライバシーも確保しやすいのも特徴です。

 

2LDKの賃貸物件は間取りのバリエーションが多く、自分たちのライフスタイルに合った物件を見つけやすいのもメリットの1つでしょう。

 

ただし、床面積によっては子どもが成長すると手狭になることもあるので、将来的な住み替えも視野に入れておくのがおすすめです。

 

ファミリー向け賃貸の間取りは子どもの成長に応じた住み替えもアリ


持ち家よりも比較的気軽に住み替えできるのが、賃貸の強みの一つです。

 

子どもの成長に合わせて、その都度ファミリー向けの間取りに変えていく、といった選択もしやすいでしょう。

 

子どもがまだ小さいときは1LDK、小学生になったら2LDK、中学生以上になったらプライバシーの確保がしやすい3LDK、そして子どもが独立したらふたたび2LDKに……といった考え方もアリです。

 

ライフステージに合わせて間取りを変えれば、快適な暮らし方を見つけやすいですよ。

 

まとめ


「ファミリー向けの賃貸物件を探しているけれど、どんな間取りを選んで良いかわからない」という人は、もっともポピュラーな2LDKがおすすめです。

 

何かと使い勝手の良い間取りなので、夫婦2人と小さな子ども12名といった家族構成のファミリーなら、子どもが大きくなっても住み続けやすいでしょう。

 

子どもが成長してプライバシーを確保してあげたいと感じた場合は、思いきって3LDK以上の間取りの物件に住み替えるのも1つの考え方。

 

子どもが自立して夫婦2人の生活に戻ったらまた2LDKに住み替えるなど、賃貸ならではのメリットを活用して、ライフステージに合った住まいを見つけてくださいね。


山形市内へお引っ越し予定でございましたら、私たちエイブルネットワーク山形ときめき通り店までぜひお問い合わせください!

≪ 前へ|子どもが大喜び!山形市の「べにっこひろば」の魅力とは?   記事一覧   北山形駅周辺の住みやすさは?一人暮らしにおすすめ?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


L.D.HOUSE

L.D.HOUSEの画像

賃料
5.5万円
種別
アパート
住所
山形県山形市小立2丁目3-15
交通
山形駅
徒歩41分

カーサヒューマンA

カーサヒューマンAの画像

賃料
4.3万円
種別
アパート
住所
山形県山形市馬見ケ崎2丁目11-8
交通
羽前千歳駅
徒歩22分

ボルツⅣ

ボルツⅣの画像

賃料
6.5万円
種別
マンション
住所
山形県山形市桧町3丁目4-4
交通
北山形駅
徒歩18分

伊藤マンション

伊藤マンションの画像

賃料
3.1万円
種別
マンション
住所
山形県山形市南原町3丁目9-40
交通
山形駅
徒歩38分

トップへ戻る